マナラホットクレンジングゲルの口コミは嘘?写真で効果が丸裸に!

【必見】敏感肌による敏感肌のためのクレンジングの上手な選び方


悩む女性


「私って敏感肌なんですよぉ」と可愛らしく語る女性ってたまにいますが、私はもう、そんな風に可愛く語る余裕のないほどの敏感肌です(笑)。だから、化粧品を選ぶときには、人一倍、気を使わないといけませんし、そのおかげといったら変ですが、成分に対して詳しくなっていたりします。クレンジングは、基礎化粧品の中でも、特にお肌にかかる負担が大きいので、敏感肌の方は選ぶときに特に気を使ってあげたほうがいいです。ここでは敏感肌でもある私が実践しているクレンジング選びの注意点を教えしちゃいます。






石油系界面活性剤を含むクレンジングを避ける


石油系界面活性剤などお肌に負担をかける成分の紹介


私はオイルクレンジング否定派です。その理由は、オイルクレンジングの多くに石油系界面活性剤が含まれ、この成分はお肌が乾燥させやすくしてしまうからです。メイクを落とすことばっかり考えがちなので、洗浄力だけでクレンジングを選びがちですが、洗浄力が高いオイルクレンジングは皮脂がとりすぎてしまい、お肌は乾燥を加速させます。乾燥はニキビやハリ不足、30代以降はシワやシミ、くすみなどの原因にもなるので、オイルクレンジングはお肌にとって大敵なのです。もちろん、オイルクレンジングを全く使わないわけではありません。ダメなのは石油系界面活性剤が入っているから。それでも、使うとしても濃いアイメイクをした特別な日だけで、普段はほとんど使いません。他にも、着色料や合成香料、鉱物油、紫外線吸収剤、エタノール、パラベンなども含まれていないほうが安心して使えます。






ミルクタイプやクリームタイプを選ぶ


クレンジングはミルクタイプやクリームタイプがおすすめ


これは人によって大きく分かれてしまうのですが、ある程度、年齢を重ねてくると、若い頃に比べてメイクが濃くなるタイプと薄くなるタイプの2タイプがいると思います。敏感肌であれば濃いメイクからは卒業しなければなりません。いつまでも濃いメイクをしていると、オイルクレンジングを使う羽目になり、お肌の乾燥がより一層強くなってしまいます。普段のメイクは薄く済ませ、多少、洗浄力が低くても、保湿力の高いミルクタイプやクリームタイプのクレンジングを使ったほうがいつまでも若々しいお肌をキープすることができます。敏感肌の方にとっては肌トラブルも起こりにくくなります。






W洗顔不要のクレンジングを選ぶ


W洗顔不要のクレンジングがおすすめ


クレンジングには大きく分けるとクレンジング後に洗顔が必要なものと、クレンジング後に洗顔がいらないW洗顔不要のものがあります(W洗顔とは、クレンジングの後に洗顔を必要とすることをいいます)。敏感肌におすすめなのは、W洗顔不要のものです。クレンジング後に洗顔が必要になると、お肌に負担がかかってしまい、肌トラブルに悩まされやすくなるからです。敏感肌の方ならきっと経験があるはずです。






条件を満たすクレンジングは少ない…


石油系界面活性剤が含まれていない、W洗顔が不要、実はこの2つの条件を満たしているクレンジングってすごく少ないです。石油系界面活性剤が入っていないと洗浄力が弱いのでW洗顔が必要になり、W洗顔が不要だと洗浄力を必要とするため石油系界面活性剤を含まないといけない、という矛盾状態を作ってしまうのです。これは、石油系界面活性剤が含まれていないと、メイクの油性汚れと水性汚れを一緒に落とすことができないからだと言われています。



マナラホットクレンジングゲル

※パッケージデザインはリニューアル前のもの



石油系界面活性剤を使わず、かつ、W洗顔が不要、この条件を満たしているのが、他でもない『マナラホットクレンジングゲル』だったのです。口コミやSNSで話題になるのも納得です。






関連記事






ホーム RSS購読 サイトマップ